連休中にこんにちは。
絵本担当Sです。
平成最後の、#絵本紹介 です
(一度使ってみたかった。笑)

今日は4、5月のロングテーマ「日本の昔話」
の紹介をしたいと思います。

昔話には、大人が聞いて「ちょっと怖い」と思うようなお話が少なからずあります。
例えばこれ、
📖「カチカチ山」
 


意地悪タヌキにお婆さんを殺され、
嘆くお祖父さんの代わりにウサギが仇討ちをするお話。
昔からとても人気のある民話ですが、
大人になってから読み返すと、
結構衝撃的だったりしません?
お婆さんは殺されてしまうし、
ウサギの復讐は容赦なし!

 


でも「残酷だから読ませたくない」
と切り捨ててしまうのは、ちょっと勿体ない。
それはあくまで大人の視点。
だって子供のころ私達が読んでいた時は「なんて残酷な物語だ」と思って読んではこなかった。

それよりも、「爺さんが報われて良かった」とか、話の面白さの方が印象的でした。
ただ怖いだけでは、こんなにも長い間語り継がれることはないと思います。

 


シンプルで分かりやすくて、途中には試練があっても、最後は幸せになって安心できること。
お話から受け取れる、人間の知恵や文化的なものの方が、子供にとってはずっと大きい気がします。

 


昔話の絵本は、巻末に解説がある本も多いです。
「・・地方に伝わる」とか、二つの民話が混ざって出来ただとか。
そういう知識が加わると、大人も面白さ倍増✌
浦島太郎伝説なんて、似たような話が世界中にあるそうですよ〜👀

Café de Lien*の#小さな絵本屋さんで、
お茶しながら昔話、楽しんでみてください。

 

JUGEMテーマ:絵本紹介

Related Entry
    Comment